いぬ×ねこパステル日記

~パステルと色えんぴつで動物を描く~

2013/05/29(Wed)

お知らせ


友人の家の倉庫で、ねこが赤ちゃんを産んでいたそうで、

もらってくれる方を募集しています。

4~6匹いるみたいで、

とてもカワイイとのこと(^^)


興味のある方、ご連絡ください。

よろしくお願いします。


☆追記☆

その後、母猫が子猫をつれて、引越ししたそうで、

親子でいなくなったそうです。

気に留めてくださっていた皆様、ありがとうございました




スポンサーサイト
2013/05/29(Wed)

素描09

素描09
今日の素描



今、東京で「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」と「ラファエロ展」してますね。

「行きたいなー。でも東京か~。遠いなー。」

と思っていると、東京の出張から帰ってきた主人が…

ダ・ヴィンチ展

お土産にくれました。

「………観てきたの?」

「うん。でもラファエロは混んでたからやめた。」

「ふーん…私、行きたかったんだ。」

「え?そうなの?でも油絵は1点だけであとは手稿でね…音声ガイドが…(略)」

「………」

お土産はうれしいのですが、ほんの少し複雑です






2013/05/27(Mon)

Garden Time このむ



昨日、「Garden Time このむ」に行ってきました。

このむ05

日曜日だったので、お客さんで店内もテラスもガーデン内もいっぱい。

いま一番いい時期ですもんね(^^)

このむ01

このむ02

このむ03


私は、ランチメニューの「ピリ辛からあげ」を頼みました。

このむ04

ボリュームもあって、とても美味しかったです






2013/05/24(Fri)

「いとうるわし。日本の美」展


今日は、香川県立ミュージアムで開催されている、

京都国立博物館名品展「いとうるわし。日本の美」を観に行きました。


大学の頃は、よく下道を走って香川まで行っていたのですが、

就職してからは、高速ばかり利用してたので、

久しぶりに下道を走ると、牟礼に道の駅ができていました。

「え?! 2007年に出きてるの?」

と、何やら浦島太郎的な感覚に…

香川は年に2、3回行ってるし、この3月にも小豆島へ行ったばかりなのに…

6年も知らなかった…6年。なんだか損した気分(--;)

高速は、目的地まで一直線の利点がありますが、

下道は、思いがけない寄り道ができるかもという利点がありますね。

それで休憩もかねて立ち寄ると、

公園もあって、建物もきれいでした。

mure01


興味深い石のオブジェも…

mure03


「じゃこや」という海鮮食堂があったので、そこで「はまちのづけ丼」食べました。

mure02



のんびりしてたら遅くなったので、いそいで香川県立ミュージアムへ。

香川県立ミュージアム02


香川県立ミュージアム03

尾形光琳や伊藤若冲、円山応挙、雪舟と巨匠たちの絵はもちろん、

空海の真筆、西行の真筆、二条城の「洛中洛外図屏風」や「源氏物語画帖」、与謝蕪村の「奥之細道図巻」など…

どれも見応えのあるものばかりでした。

伊藤若冲は2点来ていたのですが、「群鶏図」は思っていた以上に大きく、迫力がありました。

どうすれば墨でここまでリアルに描けるんだろう…ほんとにすごいです。

もう1点は、「石峰寺図」という、

晩年の若冲が理想とした世界をイラストっぽくどこかユーモアに描いていて、

いつも緻密でシリアスな絵と大胆でユーモラスな絵の差に驚かされます。

石峰寺は若冲が晩年庵を結んだお寺で、

若冲デザインの五百羅漢があることで有名です。

いつか行ってみたいな


雪舟の「天橋立図」が前期のみの展示で観れなかったのが残念でした。









2013/05/22(Wed)

素描08

素描08
今日の素描



職場でいま九条の話題が出ています。

もし憲法を改正すると、

自分たちの子どもや孫たちが

戦争にいく時代が来るそうです。


そういえば、この間の対談で、

寂聴さんも同じことを言っていました。


いまはまだ実感がありませんが、

もし自分の家族が戦争に行って人を殺す…

または殺されるかもしれない…

最悪、国内が戦地になるなんて世の中になったら、

やっぱり、悲しいと思いました。






2013/05/18(Sat)

素描07




素描07
今日の素描





珍百景…?




かかし


橋の上から見た時は、人に見えたのですが…

あまりに動かないので、よく見ると…

かかしでした。



…なぜこんなところに?




2013/05/16(Thu)

クマちゃん



クマちゃんが完成して、今日の朝、飼い主さんに無事渡すことができました


くまちゃん



いつも見てもらう時ドキドキしますが、

とても喜んでくれました(^^)


クマちゃんは、鳥を捕るのがとても上手で、

今日も、狩りにいそしんでいたようですが、

途中で帰ってきて、顔を見せてくれました(笑)

かわいいなあ…



お昼は、風待ちの丘ルンへ行ってきました。

ルンはテラスがあって、

今日はお天気もよかったから、

外で海を眺めながらランチ食べてる人がたくさん。

トイ・プードルや柴犬を連れてる方もいて、

可愛かったです(^^)

食後の珈琲が2杯分あるのが魅力的です


ルン01


ルン02




2013/05/14(Tue)

瀬戸内寂聴「美は乱調にあり」展と竹久野生「個展行脚第六回」


おととい、文学書道館で開催されている瀬戸内寂聴「美は乱調にあり」展(4月27日~6月9日)を観に行ってきました


美は乱調にあり展01


「美は乱調にあり」は、瀬戸内寂聴さんが出家する前、

瀬戸内晴美時代に書いた伝記小説で、

大逆事件、日陰茶屋事件、関東大震災時の甘粕事件など、

大杉栄、伊藤野枝、辻潤を中心に大正の激動期をとりあげた作品です。



辻潤は、ダダイズム(虚無を根底に持ち、既成の秩序や常識に否定的な思想)の中心人物として今でも根強いファンがいるほどで、上野高等女学校の英語教師時代に生徒の伊藤野枝と恋愛関係になり、それが問題になって退職、その後、妻になった野枝を青鞜社に入れ、先進的な女性に育てようと、熱心に教育します。



野枝は、平塚らいてうの青鞜社で、結婚制度を否定する論文や貞操など
女性問題に対する多くの評論を発表し、
らいてうが『青鞜』をやめようとした時、その『青鞜』を引き継いだ女性です。
辻との2人目の子どもを妊娠中に大杉栄に惹かれ、辻を捨てて大杉栄といっしょになり、
彼の妻、愛人と四角関係になります。



大杉栄は、アナキズム(国家や権威の存在を有害であると考え、その代わりに国家のない社会またはアナーキーな社会を推進する思想)の社会運動家で、『近代思想』『平民新聞』『文明批評』『労働運動』などの機関紙誌の刊行や編集に関与し、政府と対立。投獄され、出てきてはまた投獄される生活を繰り返します。
フリー・ラブ(自由恋愛)を唱えて妻の保子、愛人の神近市子、伊藤野枝と四角関係になりますが、日陰茶屋事件で神近市子に刺されてその関係はおわり、妻とも別れ、最後は伊藤野枝と共同生活を送ります。 野枝との間に5人の子どもを授かりますが、関東大震災の混乱にまぎれて、野枝と甥の橘宗一と共に憲兵に殺害されます。(甘粕事件)



「美は乱調にあり」は、神近が大杉を刺した日陰茶屋事件まで書かれていて、

1965年に文藝春秋で連載され、翌年刊行されます。

続編「諧調は偽りなり」を16年後の1981年~1983年にかけて再び文藝春秋で連載し、

1984年に刊行しています。


「諧調は偽りなり」のときは、もう出家されていて、

内容も、『美は乱調にあり』を刊行したのち、寂聴さん自身が、その関係者たちと会った話をまじえながら、

日陰茶屋事件、甘粕事件とその後の関係者たちについて書きあげています。



私ももう5年ぐらい前ですが、『美は乱調にあり』と『諧調は偽りなり』を読んで、

政府や世間の弾圧や批判に負けず、理想の社会を目指して自らの意思を貫き通した、

それぞれの生き方にすごみを感じました。

社会や日本史で社会主義運動のころが苦手な人が勉強するのにもお勧めの本です(笑)

一言で言うと、面白いです(^^)



伊藤野枝と辻潤との間に生まれた長男の辻まことは、画家として有名で、

竹久夢二の息子、竹久不二彦と親交があり、

武林イヴォンヌとの間に生まれた子どもを不二彦の養女にしています。



今回の「美は乱調にあり」展では、

不二彦の養女になった竹久野生と、

その父・辻まこと、そして義理の祖父である竹久夢二の絵も展示していました。

竹久野生さんは、30歳になるまで、実の父が辻まことと知らず、

いつも家に遊びにくる陽気なおじさんぐらいに思っていたそうです。



野生さんの絵は、文学書道館だけでなく、

徳島の寂庵である「ナルト・サンガ」でも13日まで個展行脚第六回が開催されていました。

それで、おとといは、文学書道館に行く前に、「ナルト・サンガ」に展示を観に行きました。

竹久野生01

竹久野生02

ナルト・サンガ


行くと、ナルト・サンガの方が親切に案内してくれて、

いろいろと気を配ってくださるので、

こちらも野生さんについて質問していると、

途中で、その方が、野生さんご本人だということが分かり・・・(--;)

失礼なことを言わなかったかと、緊張してしまいました。


もう40年以上コロンビア在住とのことで、

コロンビアの風景を抽象的に描いた絵もいくつかあり、

きれいなブルーが印象的でした。

和紙に油絵の具で描いている作品もあり、

「破れないんですか・・・?」と聞いたところ、

全然破れないとのこと。

全国のいろんな和紙を使われているそうですが、

なかでも、美濃和紙に描いた作品を指されて、

「これなんか、ほんとに薄いんだけど、いくら絵の具を塗り重ねても平気」と言っていました。

余談ですが、以前、前田博史さんという写真家の作品展を観に行ったとき、

その方は、土佐和紙に写真を印刷されていて、

ものすごく優しい、柔らかい作品になっていました。

同じ土佐和紙でも、特殊加工で、キャンバスのように硬いものや

和紙のやわらかさを残したものや、いろんな種類があり、

同じ和紙でもこれほど表情が変るものなんだと思いましたが、

野生さんも、「紙で、色が全然ちがう」と言っていました。

エメラルドグリーンのような、きれいな色があったのですが、

その色は美濃和紙のうすい紙でしか出ない色だと言っていました。

人柄もすごく素敵な方で、

お会いすることができ、本当にうれしかったです。

記念に著書にサインを頂きました(^^)


空飛ぶ絵師01 


空飛ぶ絵師02



14時から文学書道館で、寂聴さんと柴門ふみさんの対談があり、

野生さんも、午後から文学書道館へ行くとのことでした。


美は乱調にあり展02


柴門ふみさんは、徳島出身の漫画家で、

「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」、「小早川伸木の恋」など、

たくさんの作品がドラマ化され、大ヒットしています。

2012年に、徳島市の観光大使に就任していて、

今年は阿波踊りのポスターなど手がけられています。

現在、「オール讀物」に「美は乱調にあり」を漫画化して連載していて、

その原稿も今回の「美は乱調にあり」展で展示されています。

ファンの方には必見です(笑)

登場人物を簡潔に分かりやすく紹介しているうえに、

エピソードも面白くまとめられていました。



対談は、内容が盛りだくさんで楽しかったです。

途中で、観客席にいた竹久野生さんも飛び入り参加して、

終始、和気あいあいとした雰囲気で、

こちらとしては、スリーショットだけでも、すごく貴重なのに、

話も、とても面白かったです





2013/05/10(Fri)

もう少し…



以前少し紹介したクマちゃんが、もう少しで完成します。

今週中に仕上げて、

来週には飼い主さんに届けられるかな。


クマちゃん



いま、動物の熱中症が急増しているそうですね。

寒暖差がはげしいからかなあ…(´・ω・`)





2013/05/06(Mon)

連休

ゴールデンウィークが終わりました。

半分は仕事でしたが、観光地であることもあり、

朝から夕方までにぎやかでした。

とくに小さい子の数が倍増するので、

祝日独特の雰囲気があります。

一期一会ですが、たくさんの人に出会えて楽しかったです


話は変わりますが、

そごうのうまいもの大会で、マダムシンコのマダムブリュレが来ていて、

めずらしいからといただきました。

箱においしい食べ方として、

冷たいままシャリっと食べる方法と、温めてしっとり食べる方法を書いていたので、

さっそく家で4等分して、半分は冷たいまま、半分は温めて食べました。

結果・・・はじめは美味しかったのですが、どんどん口の中が甘くなり・・・

かといって、もう残すわけにもいかず…

結論として、これは16等分ぐらいして、日を分けて、

珈琲といっしょに食べるべきものだったねということになりました(--;)

もしまた食べる機会があれば、気をつけます(笑)


マダムブリュレ





連休中は絵が描けていないので、

以前に描いた絵を少し・・・


cat




2013/05/02(Thu)

素描06

素描06
今日の素描




主人が大阪出張のおみやげに、ハッピーターンのハッピージョイを買ってきました。

私は有名なのを知らなかったのですが、

実は今大人気で、並んだりして買わないと手に入らないとか…

主人も阪急で一時間並んで買ったらしく、

私も、そんな高価なものだったのかと、驚きました。

味はメープル、木苺、辻利の抹茶、黒糖、カマンベールチーズ、和三盆、紫芋の7種類ありますが、

どれもあまじょっぱくて美味しいです。

残りは味わって食べます…(笑)

ハッピーターン




展示会のお知らせ

いぬ×ねこ展

「BODY展」(恵比寿・弘重ギャラリーB1F)

 2017年8月1日(火)~6日(日)

11:00~19:00(最終日は17:00まで)

プロフィール

川口えつこ

Author:川口えつこ
パステルと色えんぴつで動物(おもにイヌネコ)の絵を描いています。
日々の出来事といっしょに、創作活動の紹介もできればと思っています。

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ご感想☆メッセージ

絵のご依頼も承っています お気軽にお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


このブログをリンクに追加する

里親さま募集サイト



ネコジルシ猫の里親募集のページ

ペットのおうち
「ペットのおうち」

カテゴリ

未分類 (18)
日記 (427)
創作活動&作品展 (152)
観に行った展示会 (40)
シャルル (9)
素描 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新記事

最新コメント

QRコード

QR