いぬ×ねこパステル日記

~パステルと色えんぴつで動物を描く~

2016/03/10(Thu)

「可哀そう」の先へ・・




前回の記事で、コメントをいただき、
やはり、地域猫をされている方は、みんなつらい思いをたくさんされているのだと思いました。

それでもこれ以上、不幸な猫がふえないように、つらさを乗り越えて猫のために活動されています。

もっともっと、正しい地域猫活動が、一般に広がるためにはどうすればいいのか。

何かいい方法はないのか、いろいろと考えてしまいます。








本01



この本の表紙を見たとき、私は思わず息が止まりました。


なんて慈愛に満ちた写真なんだろう。

ひきつけられるように手に取った本のタイトルは、『世界でいちばんかなしい花』でした。


一気に読みましたが、言葉のひとつひとつに込められた思いが伝わってきて、

胸が締めつけられました。



「花に託した思いをつないでいく。

また次の花を咲かせながら、道は続く。

命ははかない。

だとしても、人はそれをこうしてつないでいくことだってできる。

それは種を蒔くことに似ているかもしれない。

大きく何かが変わるには、たぶん時間がかかる。

それで全部を諦めてしまいそうになるけど、小さなことでいいんだと思う。

私がそうだったように、

いのちの花のことを知ってくれた人たちが、

自分の犬をもっと可愛がろう、

大切にしようと思ってくれたらいいな。

そうして人間の身勝手な理由で殺されてしまう犬や猫が1匹でも少なくなるようにと

今も強く願わずにはいられない。」




すべての文章を紹介したいぐらい、いい本でした。

この本は、捨てられた犬と猫の魂を花に変えた、青森県立三本木農業高校の学生たちの物語。
 
『いのちの花プロジェクト』の立ち上げメンバー5人の卒業後の話と、当時の話、担任の先生の話など、

2014年に出版された『いのちの花』より、

さらに具体的な話と、それぞれの立場からみた当時と現在が書かれています。


本02


まだ生きられる命なのに、

もう役に立たないからと処分する。

本当に、それしか方法はないのだろうか。



いのちの花プロジェクトを通して、

人間の身勝手によって捨てられる命について考えてきた私にとって、

それはやっぱり受け入れがたいことだった。

捨てていい命なんて、ない。

私はそんなふうに命を選びたくないと思った。



IMG_20160303_012958186.jpg



センターで殺処分される犬猫たち。

骨となり、ゴミとして処分される犬猫たちを見て、

矛盾を感じ、みんなその時は、「可哀そう」と思うけれど、

それで終わってしまう。

でも彼女たちは違ったと、愛護センターの職員さんたちも当時を振り返っています。



「骨を砕いた時には、これまで味わったことのない悔しさとやるせなさを感じました。

この骨は、何が起こったのかも知らず、

声をあげることも許されないまま、殺処分され、

死んでいったたくさんの動物たちの命です。

花としてもう一度、生まれ変わらせることで、

何も言えず死んでいった動物たちの心の声を訴え、

たくさんの人たちに伝える架け橋になりたいと思いました」

あの日、殺処分施設で悲しげに鳴いていた犬たち。

ゴミとして処分されるたくさんの骨。

あのままスルーすることなんてできなかった。

思うのは簡単。

でも何かを行動に移すことは本当に難しい。

自分のそういうふがいなさに、いつの間にか慣れてしまいそうで、そのことがとてもイヤだった。

ゴミとして捨てられていたあの骨、

人間が無残に断ち切った命の循環を、

もう一度、

つなぎたい。



殺処分された動物たちの命が、花としてよみがえる。



IMG_20160303_013811926.jpg


彼女たちが愛護センターを訪れ、「いのちの花プロジェクト」を立ち上げたのが、2012年。

その活動は、後輩たちに引き継がれ、

2013年には、農業クラブ全国大会の意見発表競技で最優秀賞と文部科学大臣賞を受賞し、

全国だけでなく、世界からも注目されるようになりました。


「多くの人に殺処分される犬猫たちのことを知ってほしい。」

「人の身勝手で断ち切られた命の循環をつなぎたい。」

その思いは、大きな花となって、今も咲き続けています。


何もしなければ、何も変わらない。

発信しつづけていくことの大切さを改めて感じました。

私も、自分にできることを、細く長く、続けていければと思います。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://dankohaku.blog.fc2.com/tb.php/385-663c0088

展示会のお知らせ

いぬ×ねこ展

「BODY展」(恵比寿・弘重ギャラリーB1F)

 2017年8月1日(火)~6日(日)

11:00~19:00(最終日は17:00まで)

プロフィール

川口えつこ

Author:川口えつこ
パステルと色えんぴつで動物(おもにイヌネコ)の絵を描いています。
日々の出来事といっしょに、創作活動の紹介もできればと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ご感想☆メッセージ

絵のご依頼も承っています お気軽にお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


このブログをリンクに追加する

里親さま募集サイト



ネコジルシ猫の里親募集のページ

ペットのおうち
「ペットのおうち」

カテゴリ

未分類 (18)
日記 (427)
創作活動&作品展 (152)
観に行った展示会 (40)
シャルル (9)
素描 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新記事

最新コメント

QRコード

QR