FC2ブログ

いぬ×ねこパステル日記

~パステルと色えんぴつで動物を描く~

2017/12/24(Sun)

ワトソン推定8歳のお誕生&シャルルのワクチン&ぐり君の去勢手術






ワトソン、22日は推定8歳のお誕生日でした。

実家に来て3年目。

私は仕事でしたが、トリミングに連れて行ってもらい

きれいきれいしてもらいました。



20171223_151754.jpg



さっぱりふわふわ、凛々しいお姿になりました(笑)

気になる体重は12.85kg

前回よりちょーっと痩せました^^;







白内障の進行も毎日続けている目薬のおかげか

最近は気にならないね。



20171223_152005.jpg





可愛いワトソン。

お誕生日おめでとう

この1年も素敵な1年にしようね(*^^*)。.:*:・'°☆










そして22日は、シャルルのワクチンの日でもありました。

でも私は仕事

しかもシャルルは1年前の2回目のワクチンのとき

病院に行くのが怖くて

帰り道、おしっこをキャリーのなかで漏らし

悲壮感漂う表情でしばらく落ち込んでいたので

今回はすこし早いですが12月はじめに

私と旦那が同じ休みの日に

私が運転、旦那が車内でキャリーからシャルルを出して抱っこして

ワクチンに連れていきました。



20171206_100736.jpg



車のなかでやっぱりワゥワゥ文句言ってましたが

前よりは落ち着いていました。

でも

病院の待合室ではキャリーのなかでずっと鳴き続け

診察室に入ると、キャリーの奥にへばりついて出てこない(汗)



201611222223300f3.jpg
↑保護当日の病院でのシャルル



いや、シャルル、君は保護した当日

待合室では上(↑)の写真みたいにお腹見せて寝てて、診察室でもゴロゴロ言ってたんだよ;


どうしてもキャリーから出てこないので

診察台の上でキャリーを解体する羽目になりました

診察中もガタガタビクビク

ワクチン打った時は先生にシャー言ってましたΣ(ω |||)



20171224_164115.jpg



でもワクチンも無事打って

健康チェックもできて

シャルルがへばりついている解体したキャリーをまた元に組み立てて

なんとか診察が終わりました^^;


車に戻ると、キャリーから出せ出せ言って

旦那に抱っこされ

うにゃうにゃ文句言いながら帰ってきました。



20171210_012146.jpg



この調子だと来年のワクチンのときもどうなることやら・・・

エイズキャリアだからあまりストレスをかけたくないという気持ちもあり

悩ましいです^^;








1512388742398.jpg



そしてぐり君も、12月のはじめに

無事去勢手術が終わったと連絡をいただきました。

これですこしはやんちゃが落ち着くといいのですが(汗)

Aさん、ぐり君を大切にしてくださり、本当にありがとうございます。








スポンサーサイト



2017/12/19(Tue)

キャットウォークをDIY










今日、実家のにゃんこ琥珀のキャットウォークをDIYしました。(おもに母)



20171219_174521.jpg



若い時から高いところが好きだったので

リフォームしてからのお家でも高いところをずっと作ってあげたいと思っていました。


20171219_174525.jpg


いま13歳だけど

団十郎が19歳まで生きたので

どこか家族みんながまだまだ若いという気でいたのですが

ジジが実家にいたとき

ジジが琥珀にじゃれついているのを見ていると

耳がとおくなっていたり、足腰がやっぱり弱っているのを実感。


20171211_162708.jpg



ジジのおかげで琥珀がシニアだったことを再認識して

あらためて足腰の運動のためにも

キャットウォークをはやくつけないとと

あれこれ探していました。



20171119_142552.jpg



そんなときに、友人と美波町にある古民家カフェのまめぼんさんに行くと

キャットウォークではありませんが

とてもいいなと思うものに出会いました。



20171119_151937.jpg



まめぼんさんでは扇風機や飾り棚として使っていましたが

これは安定感もあって、いいなと思い

お店の方にどこで買ったのか聞くと

全部ご主人の手作りとのこと(驚)



20171119_151919.jpg



でもやっぱりいいなと思ったので

作り方を聞いて

写真をとって

うちのDIY上手な母に見せて

同じように作ってもらいました。(私はアシスタント笑)



20171219_174653.jpg



琥珀もまんざらでもない様子♪

今年中に作れてよかった。



20171119_140856.jpg



まめぼんさんでいただいたサンドイッチも

とても美味しかったです。



20171127_091225_001.jpg



うちのシャルルにも作ってあげたいけど

賃貸だからなぁ・・・

キャットタワーはありますが

ときどき寝ているときにキャットタワーの上からシャルルが降ってくるので

お腹に当たったときはなかなかのダメージです^^;







2017/12/11(Mon)

ジジの正式譲渡










また記事にしますと言ったまま

なかなかできていませんでしたが、

先月、ジジの正式譲渡に行ってきました。



20171125_114155.jpg



行くと、急いで台所の隅に隠れるジジ。

すっかり覚えていないように感じましたが

母のことはしばらくすると思い出したようでした。



20171125_114906.jpg



以前にハラハラドキドキのトライアルと書きましたが、
何があったかというと・・・


トライアル初日
「家の外にあるお風呂から帰ると部屋にジジがいない」
「家の中も外も隈なく探したけど、気配すらしない」と夜連絡が

「お風呂に行っている間に外に出た可能性は低いので
部屋の中にいるはず」
「暗い所や狭いところに隠れているかもしれないので、もう一度探してほしい」と返信

しばらくして
「奥の部屋のタンスのすごい隙間にいました!」と返事があって、
ほっとするということがありました



20171125_114904.jpg



またその数日後、
「昨日から床下の隙間に入ってしまい、なかなか出てこなくて悪戦苦闘している」
とあり、
私は床下の隙間がイメージできなくて、
聞いてみると、
もともとある隙間ではなく、古民家なので古くなってわずかに空いている穴のようでした(汗)
里親さまは穴の前で、フードとじゃらしを持って待機していましたが
そのまま寝てしまい
朝起きたら出てきていたので
急いで穴を塞いだそうです^^;


20171125_114938.jpg


あと、トイレは普通にするのに
2回ほど布団の上でおしっこしてしまって
対策を知りたいとのことでしたので
考えられる理由として、
◎たまたまトイレが汚れていた
(猫はきれい好きなので、汚れているトイレではしません。まあ人もそうですよね^^;)
◎マーキング
◎布団がふかふかの羽毛布団
◎環境の変化によるストレス
がありますが、
まだジジは発情していないのでマーキングはないとして
あと、里親さまの報告の感じだとストレスなく過ごしているようなので
ストレスもないかなと思い、
トイレをこまめに綺麗にすることと
布団が羽毛布団ならする確率が高いことをお伝えすると
里親さまの毛布は羽毛布団だったそうで、布団にカバーをかけることで
おしっこしなくなったそうです。

よかったのが、布団でジジがおしっこしても
里親さまが怒らなかったことです。
怒ってしまうと、せっかく築いた信頼関係が崩れてもう怖がって寄ってこないかもしれません。
里親さまが何があってもジジときちんと接してくれているのが嬉しかったです。



20171125_115037.jpg



もうこれ以上、何もないだろうなと思っていたのですが、
次の日。
「脱走してしまいました。
仕事にいっている間に母が来ていて
ジジは台所に隔離していたのですが、
母のよんだガス屋さんが台所を開けてしまってそのまま外に出て行ってしまったそうです」
「昼から年休をもらって辺りを捜索していますが、いっこうに見つかりません」
夕方「家の裏手の草が生い茂っている場所で鳴いているのを発見しましたが
近づくと人が通れない奥に逃げてしまいます」

私は仕事の休憩時間に入ったところでこの連絡をみて居ても立っても居られない気持ちになりましたが
家の周辺は山で人も車も来ないので場所的には連れていかれたり事故の可能性はない
庭も広く、隠れる場所もたくさんあるので遠くには行かず、近くにいるはず
お腹が減ると、必ず帰ってくる
そう判断して、
里親さまに玄関にフードをお皿において待ってみるように伝えました。

「暗くなって姿は見えないけれど
鳴き声と足音はする」
「玄関をすかしてフードを置いて、外にもまいている」
「近くで大きな鳴き声で鳴く獣がいる(涙)」(←あとで鹿と判明)
「気配がなくなった」
なんとも言えない、じりじりした一夜を里親さまは過ごされ
私も、じれったいけれど
ジジが帰ってくるのを祈るような気持ちで待っていました。

朝、ジジは帰ってきていませんでしたが
早朝から里親さまは探されていて
家のそばの今は使われていない昔のトイレの中にいるのを
見つけられました。
呼べば答えてくれるけれど、触れる距離まで来ると逃げてしまうので
そばにフードを置いて出勤されました。


20171125_120022.jpg
ジジが隠れていた昔のトイレ



そして夕方、里親さまから、
「帰宅したら家の裏のキウイの木にいました
時間をかけて近づき、抱っこできました!(涙)」
と、連絡がありました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

ノミダニ、回虫駆除していましたが、
ちょうど駆除してから一ヶ月が経つころだったので
そのまま病院に連れて行ってもらい
ブロードラインをしてもらいました。(一発駆除できる一本)

里親さまはくたくたになったと思いますが、
当のジジはケガもなく元気で
病院から帰ってからよく寝て
起きてからは里親さまとごろごろしていたそうです。


20171125_120038.jpg
奥にあるのがジジがいたキウイの木


今だから笑い話にできますが、
ジジが帰ってきて本当によかったです。

今回は人里離れた山奥で、家からの脱走だったので
まだ無事に周辺でいてくれましたが
これが病院や里帰り中などの移動先で
まったく知らない土地での脱走なら
迷子や事故、捜索困難で
今回のようにじっくり待つことはできず
帰ってこれる可能性も低かったと思います。
なので私自身、どんな時でも油断は禁物だと再認識させられました。



20171125_115047.jpg



いろんなてんやわんやを乗り越えた里親さまとジジ。
それから2週間、穏やかに過ごし
正式譲渡のときにはすっかり家族になっていました。



1511952550808.jpg



2回目のワクチン接種にも連れて行ってくださり、

2月に避妊手術の予約も入れてくれました。

これからも、いろいろあるかもしれません。

でもその度に乗り越えて、絆を深めていってくださるといいな。

正式譲渡の日、里親さまは風邪をひかれていて

人の風邪が猫にうつらないか心配していました^^;

ジジはクロノになりました。

これからもクロノちゃんに振り回されるかもしれませんが

里親さま、どうかどうかクロノちゃんのことをよろしくお願いいたします。







展示会のお知らせ

いぬ×ねこ展

「BODY展」(恵比寿 弘重ギャラリー)

 2019年8月6日~11日

11:00~19:00(最終日は17:00まで)

プロフィール

川口えつこ

Author:川口えつこ
屋号「アトリエいぬ×ねこ」
パステルと色えんぴつで動物(おもにイヌネコ)の絵を描いています。
日々の出来事といっしょに、創作活動の紹介もできればと思っています。

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ご感想☆メッセージ

絵のご依頼も承っています お気軽にお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


このブログをリンクに追加する

里親さま募集サイト


いつでも里親募集

ネコジルシ猫の里親募集のページ

ペットのおうち
「ペットのおうち」

カテゴリ

未分類 (20)
日記 (500)
創作活動&作品展 (186)
観に行った展示会 (42)
シャルル (10)
素描 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新記事

最新コメント

QRコード

QR