FC2ブログ

いぬ×ねこパステル日記

~パステルと色えんぴつで動物を描く~

2018/01/21(Sun)

「いぬ×ねこ画展」のお知らせ






「いぬ×ねこ画展」を開催します

2月23日(金)~27日(火)

ギャラリーM&M
(徳島市南新町1丁目12-2)






ブログでもうご案内していると思っていたつもりが、まだでしたね(汗)

すみません;



DM02_20180121194904160.jpg



場所は、以前にもお世話になった

ギャラリーM&Mです。



初日はあいにく仕事で不在ですが

土日と最終日は在廊できればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします^^







スポンサーサイト



2018/01/17(Wed)

ありがとうございました






14日のねこねこフェスティバル

雪も降らず、お天気に恵まれました。

お越しくださった皆さま、本当にありがとうございました。







ボートレース場に行くのは初めてで

どんな所なのか、ちょっとワクワク(笑)

ブースを設営したあと

開場前にぱーっと会場内を見てきました。



20180114_093735.jpg


設営中のともさん

天然石がちりばめられたにゃんこブローチが可愛すぎて

私もイベント中ずっとつけてました^^



20180114_093800.jpg





気になっていた、お松大権現さんのブース


20180114_093821.jpg


お守り、絵馬、おみくじ、招き猫

ちょうどセンター試験の日で、受験シーズン

遠く阿南まで行かなくても、鳴門でご利益が(笑)

私もおみくじ引きたかった;;



20180114_100750.jpg



始まってしまうと、もう大混雑で

引きに行くどころかブースから出られることもなく

ともさんとも終了して片付けしてからやっと会えました^^;

先にちょっとまわれてよかった。



20180114_110412.jpg



私はワークショップスペースの一番端っこ

トイレの前だったので人が行き交う場所ではなく

ステージがよく見れました。



20180114_113555.jpg


神楽坂化け猫フェスティバルのあにゃ踊り



20180114_133719(0).jpg


四国大学連さんや鳴響連さんの阿波踊り

最後はみんなであにゃ踊りしながら大行進



20180114_161406.jpg


舞台で揉めるゆるキャラたち(笑)





20180114_123057.jpg


私のブースはこんな感じで

ポストカードやトートバックを販売しながら

迷子札を作るワークショップをしていました。



20180114_094741.jpg



嬉しかったのが、終わった当日の夜に

迷子札を作ってくださったお客様からコメントがあって

「本当に気に入っていて、大切にします!」と書いてくださっていました。



20180114_113105.jpg



あまり迷子札を作った方から、後で感想を聞ける機会がなくて

その後、大丈夫かな。とか、気に入ってくれたかな。とか考えていたので

コメントとても嬉しかったです。

私のほうこそ、ありがとうございました



1515900712864.jpg



迷子札も、同時に2枚作ってくださる方、3枚作ってくださる方もいて

猫はもちろん、犬好きの方もたくさんいらして

ポストカードもたくさん購入していただけました。


駐車場の入口が分からなくて迷ったり

パワーシティから歩いて来てくれたり

間違ってボートレースの券を売っている建物にいっておじさんばかりでびっくりされたり

大混雑のなか、お越しくださった皆さま

本当に本当にありがとうございました。


差し入れや旅行のお土産もいただき、美味しくいただきました^^

今度は2月の個展にむけて、またあらたにがんばります。






2018/01/08(Mon)

ねこねこフェスティバルに参加します










来週の日曜日に開催される「ねこねこフェスティバル」に参加します。


会場:ボートレース鳴門
9:45~16:30
駐車場・入場ともに無料
https://nekonekofestival.wixsite.com/nekonekofestival



IMG_20171217_0003.jpg



まだまだ先だと思っていたのに

もう来週にせまっていて

ちょっと焦っています;



IMG_20171217_0004.jpg



私はブース1の場所で

「アトリエいぬ×ねこ」の屋号で

ポストカードやトートバックの販売

UVレジンで作る迷子札のワークショップを行います。



20151102162844313_20180108154803ab0.jpg



神楽坂化け猫フェスティバルで人気の、猫版阿波踊り「あにゃ踊り」とか

数々のネコグッズ

ブース13のお松大権現

などなど

参加していなかったら自分がお客さんとしていってみたいところがたくさんあります。


隣のあらたえの湯でもイベントを同時開催するそうなので

化け猫メイクを落とすついでに

ゆっくりお風呂につかって

さっぱりして帰るのもよさそうです。

14日、お時間がありましたら

ぜひぜひ「ねこねこフェスティバル」に遊びにお越しください^^







2018/01/06(Sat)

忘れない










4日、琥珀を空におくりました。
よく晴れた、風もない良いお天気でした。


コメント、ライン、メールしてくださった皆さま
ありがとうございます。

温かいお言葉、心にしみて、とても嬉しかったです。



猫肝リピドーシスは、高齢で肥満の猫に多い病気とあって

琥珀はまったく肥満でもないし

食も細かったので

はじめはまったく納得できませんでした。


DSC_6313.jpg


でも詳しく調べていくうちに

猫肝リピドーシスを引き起こす原因やサインに

思い当たるふしがありました。


20171011_183719.jpg


なので、なぜもっとケアできなかったのか

もっと早く血液検査できなかったのか

とても悔やみました。



20171114_180834.jpg



でも葬儀の方に、

琥珀の姿を見て、

これまでたくさんの仔を送りましたが

琥珀ちゃんは、天寿をまっとうされたと思います。

と言っていただき

気持ちが少し楽になりました。



20171114_180855.jpg



本当に、眠っているような

亡くなってから4日経っても、綺麗な姿で

お骨も肝臓のあたりもきれいにもえていて

本当に肝臓の病気だったのですかと

葬儀の方も不思議がっていました。



20170827_202429.jpg



亡くなってすぐは眼が開いていたのですが

母がきれいに身体を拭くと、毛づやも元通り艶々して

眼もすっと閉じたそうです。



20170817_193051.jpg


団十郎の介護生活を見ていただけに

家族に迷惑をかけず、

最後まで美しくありたいという琥珀のプライドだったのかもしれません。



20170817_193047.jpg



本当に琥珀らしいねと

琥珀の思い出話をたくさんしました。

まだまだ寂しさはありますが

幸せだった時間、楽しかった時間をたくさん思い出して

いまはたくさんのありがとうを琥珀に伝えています。



20180106211616d98.jpg



たぶん私がうじうじすると思ってのことなのか分かりませんが

普段人にシャーは言っても手はぜったい出さなかった琥珀が

12月の始めに私の手を引っかきました。

寒いところで寝ていたので

温かいところに移動させようと抱っこしようとしてのことですが

かかれた私も、かいた琥珀もびっくりして

琥珀は気まずそうにしていましたが

猫が本気で引っ掻けばこんな傷ではすまないです。



DSC_4329.jpg



私はアレルギーがあるので

はやく手当てしないと腫れてくるし痕が残るなぁと思いながら

なぜかこの傷がとても貴重でいとおしいものに感じて

手当てしませんでした。


私がうじうじしないように琥珀がくれたと思うのは私の勝手な妄想で

琥珀はただただ邪魔するなバカヤローという気持ちだったかもしれませんが

手を見るたびに琥珀を思い出して

ちょっと変わってると思われるかもしれませんが

琥珀が忘れないでねと言っているように感じます。



DSC_1641.jpg



ずっとずっと家族を支え、癒してくれてありがとう。

犬しか知らなかった私に、猫の魅力を教えてくれてありがとう。

改めて琥珀の存在がとてもとても大きなものだったと痛感したよ。

これからもずっと忘れないです。

琥珀、たくさんの幸せをありがとう。

また会おうね。





2018/01/03(Wed)

琥珀が旅立ちました








年末年始はブログできちんとご挨拶しようと思っていたのですが

できずに申し訳ありません


あまりにも急に

あまりにもあっけなく

1月1日、琥珀が旅立ちました



12月28日に、実家に行ったとき

母から琥珀が便秘で

ご飯を食べず

水をよく飲むと言われ


引きこもって寝ている琥珀の様子をみると

確かに食べていないし

なんだか毛づやも良くない



私は急性腎不全を疑って

明日、琥珀を病院に連れていって検査してもらうように頼みました


29日に、仕事が終わってから連絡すると

腎不全ではなかったけれど

血液検査の結果、肝臓の数値が異常に高かったとのこと

注射してもらい

明日も注射しに行って

先生も、しばらく通院すれば良くなると思うと言ってくれたとのことで

ひと安心しました



でも30日、また仕事が終わってから連絡すると

状態が悪化していて

ご飯も食べず

少し食べたのも吐いてしまい

水も飲まなくなった

注射と点滴をしたけれど

体温も下がっていて

先生から、病名は「猫肝リピドーシス」と診断され

昨日とは一転

お正月までもたないかもしれないと言われたと言われ

何を言っているのか

頭が理解しようとしませんでした



31日は仕事が休みだったので

お正月の準備もそこそこに実家に行くと

午前中に病院でまた点滴してもらったけれど

黄疸が見られ

もう自力で立つことも食べることもできなくなった琥珀がいて

愕然としました

強制給餌すると、少しは食べるけれど

もう意識が薄くなって

何を言っても反応しません

目の前の現状が受け入れられなくて

でも

猫肝リピドーシスは治る

肝臓の数値はきっと良くなると

まだ希望を捨てきれずに

琥珀の身体を温め、撫でつづけ

いっぱいいっぱい語りかけつづけました


もっと早く病院に連れていっていれば

それとも病院に連れていかなければ今こんなことになっていなかったのか


たった3日で、なぜこんなにも悪くなったのか

何がいけなかったのか

やっぱりどうしてもわからなくて信じられなくて

琥珀に謝りながら

涙が止まりませんでした



琥珀に病気を乗り越えて、また元気になることができたら

もう少しいっしょに生きてほしいとお願いしましたが

元旦の朝、静かに息を引き取りました



しょっちゅう病院に通って、何度も危機を乗り越え

介護期間も長かった団十郎が19歳まで生きたので

13年間、1つの病気もせず

健康優良児だった琥珀は

家族の誰もが、20歳まで生きると信じて疑いませんでした

それが慢心だったのでしょうか

サインに気づけなかった

申し訳なさと情けなさで

息がつまります



あまりにもあっけなく介護もさせてくれなかった

実家にいると、まだ琥珀の気配を感じて

いまはいつもそばに琥珀がいる気がします


そういえば、13年間

人にべったりすることはなかったけれど

少し離れた場所から

家族が辛いときも悲しいときもそっと寄り添って見守ってくれていました


犬しか知らなかった私に

はじめて猫の魅力を教えてくれたのも琥珀でした


いつも静かに高いところで佇んで

クールな眼でみんなを見ているような

孤高の美しい猫でした


4日に、琥珀を母といっしょに空にかえしにいきます

辛くないといえばウソになります

大晦日と元旦は自分が病院になんていらないことをしなければ

もう少し長く静かに琥珀は生きれたんじゃないかとか

そしてもっと早く病院に連れていって検査していれば

猫肝リピドーシスを乗り越えれたんじゃないかと

自分を責めつづけていました


でも人の世話にはならず

美しい姿のまま

すっと旅立った琥珀は、あまりにも琥珀らしい

琥珀を思えば涙が出て

今も泣きながらブログを書いていますが

いっしょに13年間、生きてくれた琥珀には温かい気持ちと感謝しかありません


今はごめんとありがとうがごちゃまぜで

文章もきっとへんですみません

琥珀がもうこの世にいないと思うと辛いですが

私のなかで琥珀は確かに生きている

不思議な気持ちです







展示会のお知らせ

いぬ×ねこ展

「BODY展」(恵比寿 弘重ギャラリー)

 2019年8月6日~11日

11:00~19:00(最終日は17:00まで)

プロフィール

川口えつこ

Author:川口えつこ
屋号「アトリエいぬ×ねこ」
パステルと色えんぴつで動物(おもにイヌネコ)の絵を描いています。
日々の出来事といっしょに、創作活動の紹介もできればと思っています。

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ご感想☆メッセージ

絵のご依頼も承っています お気軽にお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


このブログをリンクに追加する

里親さま募集サイト


いつでも里親募集

ネコジルシ猫の里親募集のページ

ペットのおうち
「ペットのおうち」

カテゴリ

未分類 (20)
日記 (500)
創作活動&作品展 (186)
観に行った展示会 (42)
シャルル (10)
素描 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新記事

最新コメント

QRコード

QR